毛深い以上のコンプレックス

子供の頃から毛深い性質だったのですが、それを友人にからかわれて以来、毛抜きをつかって片っ端から抜いていくようになりました。すると段々埋没毛が増えていき、そのぼつぼつが更に気になるようになって、毛抜きで強引に引き抜いていました。

おぞましい現象

 

もう半分癖のようになってしまい、毎日毎日毛が生えてきたら抜くを繰り返していました。
ふと気付いたときにはもう、黒ずんだぶつぶつだらけの肌になっていたのです。

 

そうなってからはもう、何をしても後のまつりでした。
美白クリームを塗ってみたり、美容液を塗りこんでみたり。化膿止めを試したりもしましたが、色素沈着はどうやっても薄くなりません。

 

ようやく毛抜きを使うのをやめ、刺激の弱い脱毛クリームの使用に移行しましたが、毛はきれいになくなりぶつぶつは消えても、それ以上の効果は見られないのが残念でした。

 

過去のトラウマ

 

エステの脱毛を受けると黒ずみが消えるといううわさがありますが、これ以上見た目が悪くなるのがいやで決断に踏み切れません。
今はただ、毛抜きで無理やり脱毛していたことを悔やむばかりです。

 

更なる悪化を防ぐためにも、もう毛抜きは使わないようにしています。毛深いということよりも、今では黒ずみのほうが私のコンプレックスになりつつありますね。

 

毛深い以上のコンプレックス関連ページ

男と女のムダ毛処理
私は男性です。今までにいくつかの除毛、脱毛方法を試していましたが、やはり自分の毛は人一倍濃く、太いので、かなり悩んでいた次期がありました。
数日で再生するムダ毛
処理しても処理しても数日経つと生えてくるムダ毛。日帰り旅行ならまだ良いけど、数日お泊りとなるとウキウキした気持ちと同時にムダ毛の心配が出てきます。